GEヘルスケア・ジャパンは、「聴診器」のように持ち運べるポケットサイズの高性能超音波診断装置「Vscan Air」を発表した(関連記事:GEヘルスケアのポケットエコー「Vscan」が新たな進化)。同年6月に開催した記者発表会では、新製品の説明に加えて、医師による講演やタレントの堀ちえみさんを招いたパネルディスカッションなどが実施された。本記事では、医師による講演やパネルディスカッションを中心にお伝えする。

 発表会には、医療法人社団 悠翔会 理事長・診療部長の佐々木淳氏と自治医科大学 臨床検査医学 講師、救急医学講座(兼任)の亀田徹氏が登壇。まずは佐々木氏が「ポケットエコーで変わる在宅医療・訪問診療」と題して、在宅医療や訪問診療におけるポケットエコーのインパクトを紹介した。

 佐々木氏によれば、在宅医療をしっかり機能させるためには、患者の「日々の健康管理」や「急変時の対応」に加えて、「治療方針の決定」や「(可能な限り)病院依存の脱却」などが求められるという。しかし、これまでは限られた条件の下でしか患者を診断できなかったため、医師の経験とスキルに頼る面も多かったそうだ。このような背景から、佐々木氏はVscan Airを「強力な武器」と表現。Vscan Airのようなポケットエコーが「医師の診療能力を大きく強化し、それが患者の利益や医療資源の適正利用、さらには社会保障費の負担軽減にも貢献できる」と期待する。

医療法人社団 悠翔会 理事長・診療部長の佐々木淳氏(写真:近藤 寿成、以下同)
医療法人社団 悠翔会 理事長・診療部長の佐々木淳氏(写真:近藤 寿成、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 在宅医療でメインとなる日々の健康管理では、ポケットエコーの出現によって「疾患の医学管理が大きく変わった」と佐々木氏はいう。例えば、循環器疾患や消化器疾患、泌尿器疾患、生殖器疾患、内分泌疾患の検査が可能になったことに加え、近年の高性能化によって呼吸器疾患や筋骨格疾患、皮膚疾患、脳神経・感覚器疾患といった「従来では考えられなかった領域でも、診断にエコーが活用されるようになった」と説明する。さらに、Vscan Airのような小型かつ非侵襲なデバイスの活用範囲は「今後さらに広がる」と予想する。

 また佐々木氏によれば、ポケットエコーがあれば患者の急変時に「90%以上の疾患を在宅診断で対処できる」とのこと。在宅での処置においても、「これまで以上にさまざまな処置を、スマートかつ安全に実施できるようになった」ほか、予後診断や治療方針の決定にも役立っているそうだ。

 これらポケットエコーの有用性から、佐々木氏はVscan Airをプライマリケア領域の「新しい聴診器」と形容する。そして、Vscan Airのようなポケットエコーが「救急搬送・緊急入院の減少」「患者QOLの向上」「社会保障費の削減」などにも貢献していけば、「これからの在宅医療のみならず、一般的な外来診療までも大きく変えていくはず」として講演を終えた。