新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防止するために、介護サービス事業においても休業や縮小経営などの影響が出ている。そのため、自宅で家族のケアをしている在宅介護者への負担が高まっている恐れがある。

 これを解決するため、AIを活用した介護向けサービスなどを手掛けるスタートアップのエクサウィザーズは、ケア技法「ユマニチュード」を動画で学べるスマートフォンアプリ「CareWiz」を開発した。2020年7月末まで無償で提供を行う。

CareWizの画面イメージ。困りごと対処するためのさまざまな動画が紹介されている(写真:オンラインイベントの画面キャプチャー、以下同)

 ユマニチュードとは、フランス生まれのケア技法。人間らしくあるという意味のフランス語が語源になっており、大変な状況でも笑顔を生み出したり、優しさや安心感を伝えたりするコミュニケーションを軸としている。

 技法の基本となっているのは、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つの柱である。人の感情は感覚から入る情報が脳に届くことによって生まれるため、この4つの柱を日常生活で意識して使うことでポジティブな感情を生み出すことができるというわけだ。

ユマニチュードの4つの柱

 福岡県福岡市が人生100年時代へのチャレンジとして取り組んでいる「福岡100」では、ユマニチュードが認知症戦略の中核を担っている。同市ではユマニチュードのケアを広く知ってもらうため、市民や小中学生、介護をする家族のそれぞれを対象に、講座を実施。その結果、介護者の負担感が20%低減し、被介護者の認知症症状が15%和らいだといった効果が現れたという。

 今回開発したCareWizでは、自宅で介護をする人の困りごとを解決するため、ユマニチュードを実践する動画を多数紹介している。アプリ上では、実践した内容を記録したり、分からないことをアプリから直接ユマニチュード認定インストラクターに相談したりすることもできる。さらに、困りごとを入力すれば、地域で受けられるサポートをAIが答えてくれる機能も搭載している。

インストラクターへの相談予約ができる画面イメージ