健康と病気の中間にある状態をいう「未病」。この概念的な状態を定量化する──。そんな画期的な研究成果が発表された。

 発表したのは、富山大学 和漢医薬学総合研究所と東京大学 生産技術研究所 教授の合原一幸氏らの共同研究チーム。メタボリックシンドロームを自然発症するマウスにおいて、発病する前の期間に現われた生体信号の変化を捉え数学理論を用いて解析することで、未病状態を定量的に明らかにした。

 2019年6月19日の発表会見には、富山大学学長で、未病プロジェクトの前プロジェクトリーダーだった齋藤滋氏が登壇。「“未病を治療する”という究極的な先制医療の可能性を示すことができた。今後の予防医学にとって非常に大きなイベントだと考えている」と研究成果を誇った。

富山大学学長の齋藤氏(写真:Beyond Healthが撮影、以下同)

健康から病気への遷移状態を生体指標として識別

 未病という言葉は、現存する中国最古の医学書とされる「黄帝内径」(こうていだいけい)に見られ、未病の時期を捉えて治すことのできる人が医療者として最高人(聖人)であると書かれている。昨今、未病があらためて注目されるようになったのは、超高齢化社会の中で病気の発症や重症化を未然に防ぐ手段の確立が、大きな社会的な価値だからだ。

 実際に、2017年2月に閣議決定された国の「健康・医療戦略」には、健康か病気かという二分論ではなく健康と病気を連続的に捉える「未病」の考え方が重要になるとし、新しいヘルスケア産業が創出されるなどの動きも期待されると記載された。未病研究は国の重要な政策課題の一つと位置付けられたわけだ。

 特に緩やかな時間変化をたどる生活習慣病などでは、リスクを低減する生活習慣の改善などによる予防とともに、未病状態を医学的に捉えて早期に医療介入することが求められている。富山大などによる研究成果は、健康から病気への遷移状態を生体指標として識別することで、「未病を診断する」手法を確立するものといえる。