昨今、脳卒中は日本人の死因の第4位(厚生労働省 平成30年人口動態統計)であり、要介護の要因としても第2位(内閣府 平成30年高齢社会白書)となっている。しかし、医療保険でリハビリテーション(以下、リハビリ)が受けられる期間には日数制限があり、その期限日数を超えると介護保険で受けるリハビリに移行することになる。そのため、「リハビリを受けられる時間が短い」「リハビリ方法を忘れてしまう」「リハビリのモチベーションが維持できない」といった課題も生まれているのが現状だ。

 そこで、スタートアップのエクサウィザーズと北原病院グループは、リハビリを必要とする人が質の高いリハビリを自宅で受けられるようにするための「オンライン遠隔リハビリサービス」を共同で開発。北原リハビリテーション病院での試験導入をスタートした。2020年6月24日に開催した記者会見で明らかにした。オンラインによって自宅でのリハビリの質をあげることで病院や通所施設へ通う頻度を減らすとともに、リハビリ分野でも課題となっている感染症への対策も狙う。

患者が自宅でやろうとしてもうまくいかないのが現状

 医療法人社団KNI(Kitahara Neurosurgical Institute) 広報責任者/理学療法士の亀田佳一氏によれば、リハビリの効果は一般的に「強度や量を増やすとさまざまな面において増大する」と言われている。しかし、現状では「保険診療で受けられるリハビリは入院中で1日3時間まで。退院後はさらに短くなるほか、発症から180日が経つと保険診療でのリハビリが受けられなくなるため、介護保険で受けるリハビリに移行する」ため、そもそも足りていないばかりか「今後はもっと足りなくなる可能性も高い」と危機感を募らせる。

医療法人社団KNI(Kitahara Neurosurgical Institute) 広報責任者/理学療法士の亀田佳一氏(写真:近藤 寿成、以下同)

 また、外来のリハビリを受けられるのは「週1回以下」のペースとなるため、患者が自宅でリハビリを行う「自主トレーニング」も重要なポイントとなる。しかしこちらも、現状ではセラピストが紙面あるいは口頭でプログラムを指導するため、患者が自宅でやろうとしても「なかなかうまくいかない」と亀田氏は指摘する。

 実際、患者側には「間違った方法で行ってしまう」「方法があっているか不安」「方法を忘れてやめてしまう」などの課題がある。セラピスト側には「実際の状況や、適切に行えているかを把握できない」「知っている指導しかできない」などの課題があるという。

 そこで、これらの課題を解決するために開発されたのが、今回の「オンライン遠隔リハビリサービス」だ。AIを活用していることに加えて、北原病院グループと一緒に開発することで「患者にとってより良いものを作り上げられるという点が最大の特徴だ」と、エクサウィザーズ MedTech部 グループリーダーの安田英史氏は説明する。

エクサウィザーズ MedTech部 グループリーダーの安田英史氏