エビデンス蓄積へ

 今や生活必需品となったマスクだが、コロナ禍でマスク着用時の口臭が気になる人が急増し、口臭対策の1つとして舌苔を取り除くことが重要とされている。日本ヘルスケア協会 在宅感染予防部会が行なった調査によれば、DOMAC含有タブレットを摂取した成人男性は「マスク着用時の口臭を抑制できる効果が現れた」(UHA味覚糖 バイオ開発ディビジョン バイオ商品開発セクション 橋本浩氏)という。

 そこで両社は共同試験を実施。ピエクレックスが所有する非接触・3次元歪み計測システムで咀嚼時の伸縮度計測を行ない、硬いグミを咀嚼するほど咀嚼動作が大きくなり、「グミを楽しみながら、PIECLEXマスクの効果を最大化できる可能性がある」(ピエクレックス ブランディングチームの安藤嘉奈子氏)ことが見えてきた。

共同試験の結果
共同試験の結果
[画像のクリックで別ページへ]

 共同試験の結果をもとに、より一層取り組みを深化させる構えだ。UHA味覚糖はDOMAC含有の高弾力グミを開発し、それを咀嚼することでPIECLEXマスク着用時の抗菌力がどれほど向上するかのエビデンスを蓄積する。これを受け、両社はグミを噛みながら抗菌マスクを着用する“ニューノーマル時代の健康新スタイル”に期待を寄せた。

(タイトル部のImage:オンライン会見の資料)