女性は病原菌が尿道や膀胱に入りやすいため、感染症にかかりやすい。また、紙おむつを着けた場合、尿がお尻に回りやすく、皮膚炎や褥瘡の悪化などが起きやすい。このため、注意深い排尿ケアが欠かせない−――。

 こうした感染リスクを低減する女性用の体外式尿カテーテル「ピュアウィック」を、医療用デバイス/検査機器大手のベクトンディッキンソン(BD)グループのメディコンが2019年5月に発売した。これを受けて日本BDが6月24日に開催した「女性と尿路感染症 −感染予防と排尿ケアを考える−」と題する報道陣向けセミナーでは、排尿に詳しい4人の専門家が、女性の排尿トラブルとケアの重要性について講演した。

カテーテル装着で尿道や膀胱の感染リスクが増大

 札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座教授の高橋聡氏は、尿道や膀胱などの尿路に起きる感染症の特徴について説明した。

札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座教授の高橋聡氏(写真:Beyond Health、以下同)

 女性では身体の特徴から、健康な場合でも尿路感染が起きやすく、人生で1度は急性膀胱炎を発症するとされる。

 一方、手術や大きなけがで動けない時に用いられる尿路カテーテルの装着によって細菌感染する「カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)」がある。こちらは男女とも発症リスクがあり、痛みなど症状がある場合には必要に応じて抗菌薬(抗生物質)で治療する。

 装着の際には細菌が入らないように慎重に処置されるが、それでも感染を完全に避けるのは難しい。海外の研究結果によると、症状はないものの尿中に細菌が見られる無症候性細菌症の頻度(感染率)は、閉経前の健康な女性では1%から5%なのに対して、尿路カテーテルを留置した場合、短期間でも9~23%、長期間では100%と、極めて感染リスクは高い。高橋氏は、「カテーテルにはデメリットもあるので、カテーテル以外に尿を排出できる手段を検討すべき」と指摘した。