オリンパスは、内視鏡システム「EVIS X1(イーヴィス エックスワン)」を2020年7月3日に国内で発売する。これまで撮像方式の異なる2種類のシリーズとして展開してきた内視鏡システムを一本化し、どちらの撮像方式にも対応できるようにした。

2020年7月1日に開催された記者会見に登壇したオリンパス 消化器内視鏡開発 ダイレクターの倉康人氏(写真:オンライン記者会見のキャプチャー)

 オリンパスではかねて、内視鏡医の多様なニーズに応えるべく、「面順次式」と「同時式」という2種類の撮像方式を採用した内視鏡システムをそれぞれ手掛けてきた。面順次式を採用した「EVIS LUCERA」シリーズと、同時式を採用した「EVIS EXERA」シリーズである。ただし、面順次式は画像再現性が優れているが色ズレが生じてしまう。同時式では色ズレのない画像が得られるが面順次式に比べて情報量が少ない、という一長一短の側面があった。

面順次式と同時式の原理の違い(出所:オリンパスの発表資料)

 こうした課題を解消し、どちらの利点も再現するために、EVIS X1では5つのLEDを使った光源を採用した。使用するのは、青と紫、緑、赤の従来から存在するLEDと、新たに開発したアンバー(琥珀色)のLED。この5つのLEDの発光タイミングを細かく制御することで、面順次式と同時式のどちらの観察も行うことができるようにした。

光源に使用する5つのLEDとその波長(出所:オリンパスの発表資料)

撮像方式に応じて発光タイミングを制御する(出所:オリンパスの発表資料)