島津製作所は2021年7月1日、排尿量測定システム「Urina(ユリーナ)」を発売した。病院の入院患者の採尿を対象としたシステムである。

 体重計によく似た装置に患者が乗ると、患者のわずかな排尿前後の体重変化から排尿量を精密に測定。測定結果は排尿時刻・量とともに自動で記録・集計され、医師用端末および患者用端末で確認できる。

ユリーナの排尿量計(出所:島津製作所)

 同社は2020年10月に「スタートアップインキュベーションセンター(以下、SIC)」を設立。ヘルスケア、環境・エネルギー、マテリアル、インフラの4分野を中心に新規事業創出に取り組んでいる。今回のシステムは、その第1弾製品になる。

 なお、SICでは既に、楽天メディカルと、がん光免疫療法による治療支援医療機器の共同開発・製品化契約を結んでいる(関連記事:[緊急インタビュー] 楽天・三木谷氏が懸けた「光免疫療法」とは)。