電子薬歴・服薬指導システム「Musubi」を展開するカケハシは2020年7月2日に開催した記者会見で、Musubiと連携する2つの新サービスを発表した。その一つが、患者と薬剤師を結ぶ「Pocket Musubi」だ。

 Pocket Musubiはスマホアプリとして提供され、患者と薬剤師が直接つながり、薬局外でのフォローを支援するツールである。処方内容を埋め込んだQRコードを患者がアプリで読み取ると、その内容に合わせた質問が患者に自動送信される。

 患者は質問への回答に加え、体温、体重、服薬状況、吐き気など疾患に合わせた情報を返信。この回答をシステム側が一次判断し、注意すべき回答に関して薬剤師にアラートを通知することにより、対応すべきか否かを人間が判断する流れになっている。

Pocket Musubiのサービスフロー(出所:カケハシ)

 このアプリは、2020年9月に施行される改正薬機法を見据えたもの。2019年12月に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」が一部改正され、薬局での調剤時のみならず、服薬期間中の患者に対する薬剤師のフォローアップが義務化された。そのフォローアップをアプリで支援しようというわけだ。