一流アスリートの体調管理は、トレーナーや管理栄養士などがチームを組んで支えていることが多い。これら“チーム型”のトレーニングを一般人がオンラインで受けられるサービスが「weltag(ウェルタッグ)」だ。首都圏を中心に会員制フィットネスクラブを展開する東急スポーツオアシスが開発した。

 実は東急スポーツオアシスは2021年6月、ジム運営会社からウェルビーイング(幸福)総合カンパニーへと舵を切り、抜本的な業態変革を実施した。店舗型フィットネスクラブ事業、ホームフィットネス事業、BtoB/BtoGの健康コンサルティング事業、デジタルヘルス事業の4つを中心とし、より幅広い層に運動・健康習慣を拡大していくことをミッションとする。

weltagの特徴(写真:小口 正貴、以下同)
weltagの特徴(写真:小口 正貴、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 背景には、コロナ禍で大打撃を受けたスポーツジム業界の状況がある。2020年は倒産件数が過去最多となる29件にのぼり、順調に推移していた市場規模も2019年の4939億円から3196億円へと一気に落ち込んだ。東急スポーツオアシスでも2020年4月〜2021年3月までの退会者が対前年比で約1.4倍となった。そのうち約3割が「新型コロナウイルス感染の懸念のため」を理由としている。全体の売上高も約3割減となった。

 その一方で、運動不足解消のニーズから自宅でのトレーニング需要が急増。同社のECサイトにおける自宅トレーニンググッズなどの売上は2019年の約4億円から約8億円へと2倍に伸びたという。ホームフィットネスとデジタルヘルス事業をクロスさせた新サービスのweltagは、こうした伸び盛りの市場を刈り取っていくツールとなる。