従来治療が効かず足切断もやむを得ないと考えられた、糖尿病などによる難治性四肢潰瘍10例に対し、血管再生治療(MNC-QQ細胞治療)を行ったところ、全例で「痛みの改善」「歩行の維持」「血流の改善」を認め、足切断を回避できたと、順天堂大学医学部形成外科学講座先任准教授の田中里佳氏が、第11回日本下肢救済・足病学会学術集会(6月28~29日、神戸)で報告した。治療と因果関係のある有害事象は認めず、安全性も確認された。

 最近、糖尿病や末梢動脈疾患(PAD)の増加に伴い、足の潰瘍や壊疽が多く見られるようになってきたと専門医は口をそろえる。関係学会の調査によれば、我が国の60歳以上の約700万人が足病変を有しており、PADの有病者数は約320万人、重症下肢虚血(CLI)は約18万人、うち1万人以上が下肢切断に至るといわれている(関連記事:「足の後進国」から脱し、100歳まで歩ける足を)。中でも糖尿病患者の足潰瘍の発症率は4~25%と高く、潰瘍が治癒しない場合、足切断を余儀なくされるケースは多い。

 血管を流れる血液中の白血球に含まれる単核球には、血管内皮前駆細胞(endothelial progenitor cells:EPC)や再生型マクロファージ、血管新生性Tリンパ球といった、血管再生に重要な役割を果たす細胞が含まれていることが近年の研究で分かってきた。田中氏らは、患者から採取した末梢血単核球(MNC)に含まれるEPCの質と数を飛躍的に改善する独自の方法(末梢血単核球生体外増幅培養法[MNC-Quality and Quantity Culture]、MNC-QQ法)を確立。糖尿病患者由来のMNCをMNC-QQ法で増やし動物に注射したところ、高い創傷治癒効果と組織内血管再生効果が認められ、造腫瘍性がないことを確認してきた。そこで2015年に、再生医療等安全性確保法の下、糖尿病や膠原病などを持つ難治性四肢潰瘍10例を目標に第1相臨床研究を開始した。

 冒頭に紹介したのは、その結果だ。一定の安全性と有効性が確認され、多くの患者が3ヵ月以内で治癒していた。中には、カテーテルを用いた血行再建術でも治らない重症の足潰瘍や大きな組織欠損が治療後6カ月で完治したという。