皮膚に貼り付けて、画像メッセージを表示できる──。そんなスキンディスプレーの実用化に向けた研究を、東京大学 大学院工学系研究科長 教授の染谷隆夫氏らの研究チームと大日本印刷(DNP)が進めている。両者は2020年7月13日、スキンディスプレーのフルカラー化を実現したと記者会見で発表した。

オンライン記者会見の様子(写真:オンライン記者会見の画面キャプチャー)

 研究チームは、かねてデバイスを皮膚に直接貼り付けるスキンエレクトロニクスの研究を進めてきた。その一つが、薄くて伸縮性があり皮膚に貼り付けることができるスキンディスプレーの開発である。

 今回開発したのは、薄いゴムシートに2.5㎜間隔で12×12画素のフルカラーLEDを埋め込んだスキンディスプレー。従来は単色表示のみ可能だったのに対し、9000色以上の表現ができるようになった。スキンディスプレーの厚さは約2㎜で、皮膚に直接貼り付けても人の動きを妨げることがないという。

 まずは、次世代のコミュニケーションツールとしての応用を目指している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、距離を隔てた状況や遠隔でのコミュニケーションが求められる中、体の上に直接表示することによって、スマートフォンなどの既存ツールよりも「相手をより近くに感じる効果があるのではないか」と染谷氏は期待する。

 大日本印刷では2020年度からスキンディスプレーを始めとしたスキンエレクトロニクスの実用化に向けて検証を開始するという。