一般社団法人日本ケアテック協会は2021年6月30日、東京・芝浦で設立記念総会を開催した(関連記事:日本ケアテック協会、設立記念総会を開催)。会の後半では、ケアテックフォーラムと題して、政策・施設介護・在宅介護の3つのテーマで同協会理事らによる講演、パネルディスカッションを実施した。このうちセッション2では、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じた「施設介護における生産性向上」をテーマに議論が展開された。

 同セッションではまず、コロナ禍が「実際の介護現場のデジタル化にどのような影響を与えたのか」についての話が進んだ(関連記事:コロナ禍で介護現場のデジタル化は進んだのか)。それに続き、議論のテーマとなったのが、「科学的介護情報システム(LIFE)」である。

議論の様子(写真:近藤 寿成、以下同)

 科学的介護情報システム(LIFE)は、厚生労働省がこれまで運用してきた「通所・訪問リハビリテーションデータ収集システム(VISIT)」と「高齢者の状態やケアの内容等データ収集システム(CHASE)」を統合したもの。科学的に効果が裏付けられた自立支援・重度化防止に資する質の高いサービス提供の推進を目的とする。厚生労働省へのデータ提出とフィードバックの活用による、PDCAサイクル・ケアの質の向上を推進する取り組みだ。2021年4月の介護報酬改定において、LIFEの活用を算定要件に含む加算が新設された(関連記事:「科学的介護情報システム(LIFE)」、私はこう評価する)。

 司会を務めた、慶應義塾大医学部医療政策・管理学ウェルビーイングリサーチセンター研究員の池田紫乃氏は、このLIFEについて介護現場から「入力が大変」などの声を聞いているという。そこで、LIFEが「必ずしも生産性の向上につながっていない」ことに触れ、それぞれの意見を聞いた。