将来的には“地域密着型AIホスピタル”として集約

 山口大学では、かねてデータサイエンスを重視しており、医学部における教育でもプログラミングや生体機能シミュレーションに関する講義をいち早く導入してきたという。医学や医療にAIなどの技術が活用されることを見越して、データサイエンスに精通した医療人の育成に力を入れているというわけだ。

 2018年には、システムバイオロジーとAIを両輪としたAIシステム医学・医療研究教育センターを設置。基礎医学研究の推進や新しい医療技術の開発、データサイエンス医学の人材育成に取り組んでいる。

 柱の一つであるシステムバイオロジーとは、生命現象をシステムとして理解することを目的とする学問のことである。これを医学応用して、多階層的な生体機能のダイナミクス(力学的特性)をコンピューターでシミュレーションすれば、病気の発症メカニズムの解明や、新しい治療技術・治療薬の開発などに応用できる可能性がある。

システムバイオロジーの医学応用の概要

 AIについては、医学に応用すれば、膨大な医用データから、人には見付けられない特徴を探索し、病気の早期発見や治療効果の予測などに応用することができる。

 将来的には、こうした取り組みを“地域密着型AIホスピタル”として集約し、個別化医療の実現や、地方の医師不足をサポートするモデルケースとすることを目指している。システムバイオロジーやAIによって疾患ごとの解析ができるシステムを構築し、「医療スタッフの業務効率化も図りたい」と浅井氏は展望する。

将来展望像

(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)