「介護と医療で連携したデータ」が武器に

 ドクターメイト 代表取締役で医師の青柳直樹氏は、医療者の目線から「世界的に見て介護と医療で連携したデータがない」という点に着目。病院側からすると、退院後の患者の生活や服薬、介護の状況などを知る手段がないため、そういった情報とひもづくような仕組みの開発を望むという。「例えば、ある手術をした人は介護現場でこういったことが起きやすいなどのデータが、一貫性を持って見えてくることになる」(同氏)。

ドクターメイト 代表取締役で医師の青柳直樹氏
ドクターメイト 代表取締役で医師の青柳直樹氏
[画像のクリックで別ページへ]

 そうして得られるデータこそが、医療と介護の連携の価値だと青柳は考える。そのデータが現状では「世界中のどこにもない」と指摘。しかも、このようなデータは「世界中で応用できることから、そういった部分を上手く生かせれば日本は世界の最前線で戦える」と答えた。