ヘルスケアベンチャーのFiNC Technologiesは、有料会員サービス「FiNC PLAY」を2019年7月1日に開始した。また、同サービスをキッカケに、「ウエルネス経済圏(FiNC WELLNESS ECONOMY)」を創造していく構想を明らかにした。

FiNC Technologies 代表取締役CEOの溝口氏(写真:Beyond Healthが撮影)

「あらゆるヘルスデータを一つのアプリに」

 まず、FiNC PLAYの概要はこうだ。月額980円(税込み)の会員になるとFiNCが開発した腕装着型のウエアラブル端末「FiNC BAND」が無料レンタルされる。FiNC BANDで測定した歩数・心拍・睡眠のデータは、同社のスマートフォン用健康管理アプリ「FiNCアプリ」に自動的に記録される。

新サービス「FiNC PLAY」で提供されるウエラブル端末のFiNC BANDとプリペイドカードのFiNC GIFT CARD(出所:FiNC Technologies )

 これらのデータを基に、1週間の健康行動に関するサマリーレポートが届く。個人に適したコンテンツやヘルスサービスなどAI(人工知能)によるアドバイスも提供される。アプリのチャット機能を通して、同社に所属する医師や管理栄養士、トレーナーなどに体や健康に関する相談をすることもできる。

 同社は、2018年1月に有料会員向けサービス「FiNC PREMIUM」を開始しており、そこでは無料レンタルする体組成計を用いて体重・体脂肪率・基礎代謝量などのデータをFiNCアプリに記録。医師やフィットネストレーナーなどの専門家による体のパーソナルプロデュースが受けられるサービスを展開してきた。今回のFiNC PLAYでは、記録するヘルスデータの幅を拡大し、AIによるパーソナルサポートの強化を狙った格好だ。

 発表会見に臨んだ同社代表取締役CEOの溝口勇児氏は、「あらゆるヘルスデータを一つのアプリに」というコンセプトで、今後もサービスを順次提供していくことを明言。「様々なヘルスデータが蓄積されるほど、AIによるパーソナルトレーナーが自分に最適なサポートをしてくれる時代を目指している」(同氏)とした。