ヘルスケア×IT(デジタルヘルス)分野での存在感を高めているイスラエル(関連記事)。2019年7月に神戸で開催された「イスラエル・デジタルヘルスセミナー 2019」では、イスラエルから9社が参加し、自社サービスのプレゼンテーションで熱弁をふるった。

 9社のプレゼン内容は、傾向として大きく4つに分かれた。(1)独自デバイス/センシングによるバイタルサイン計測、(2)睡眠ソリューション、(3)高齢者向けソリューション、(4)医療業務効率化と医療機器のサイバーセキュリティー、である。このうち本記事では、(1)と(2)についてレポートしていく。

デバイスをすべて自社開発

●Beecardia

Beecardia Founder & CEO ヴィタリー・シロタ氏

 Beecardiaは循環器、呼吸器分野でのデジタルヘルスプラットフォームを提供する。ウクライナとイスラエルの2拠点で展開しており、ウクライナでは30年以上の医療機器開発経験がある。

 プラットフォームはECG(心電図)センサー、電子聴診器、肺活量計などから成り、ポータブルな往診セットとして携帯が可能。これにより、看護師が患者宅へ往診し、収集したバイタルサインをクラウドにアップして担当医師が遠隔から診断する仕組みである。ノイズ除去のアルゴリズムにより、高品質なバイタルサインを取得できる。

Beecardiaの遠隔医療ポータブル往診セット

 同社Founder & CEOのヴィタリー・シロタ氏は「手頃なクラウドベースの医療サービスをあらゆる家庭に提供して命を救うことが我々のミッションだ」と語る。ウクライナでは移動式ナースステーションとかかりつけ医、中央病院を接続して農村地域の遠隔医療手段として導入されている。標準的な診断方法であるECGを採用し、デバイスをすべて自社開発することで柔軟性を保っていることも利点だ。