エーザイとディー・エヌ・エー(DeNA)は、認知症対策プラットフォームの構築で業務提携した。認知症予防に向け生活者の行動変容を支援するアプリの共同開発・サービス提供に取り組む。

 第1弾として「Easiitアプリ」を開発した。脳の健康度合い(ブレインパフォーマンス)を見える化し、脳の健康を良好に保つ生活習慣を支援するアプリである。iOS版は2020年7月28日に提供開始、Android版は2020年8月末のリリースを予定している。

日常生活領域と医療領域をつなげる

 認知症対策プラットフォームはもともと、エーザイが構想していたもの。同社 執行役員 ディメンシア・トータルインクルーシブエコシステム事業部プレジデント兼チーフデジタルオフィサーの内藤景介氏は、「当社は製薬企業だが、認知症に関しては薬以外のところでいかにサポートできるかが極めて重要になる」と語る。

認知症プラットフォームで日常生活領域と医療領域の架け橋を実現(出所:エーザイ・DeNAの発表資料)

 今回、対一般消費者に強みを持つDeNAとタッグを組んだのは、日常生活領域と医療領域の架け橋となるプラットフォームの実現を目指すためだ。実際、認知症は現状、介護事業者や家族による無償の介護が必要になるなど、社会的コストが大きな課題になっている。その課題解決のため、未病段階でのアプローチの重要性が指摘されている。

 開発したアプリは、まさに未病段階で生活者の日常生活における課題をどう解決していくかに着目したもの。生活者が自身の認知機能の変化を把握し、予防行動を行いつつ、「当事者と家族が抱えている課題を簡単(easy)に解決する仕組みを目指す」(エーザイの内藤氏)。