保健・医療・福祉分野の製品やシステム、サービスなどの大規模展示会「国際モダンホスピタルショウ」(主催:日本病院協会/日本経営協会、特別協力:日本看護協会)。実は、今年の展示では、従来の「医療機器ゾーン」が「医療機器・ヘルスケアIoTゾーン」と変更された。“ホスピタル”の領域がどんどん広くなり、かつIoTなどのテクノロジーとの融合が進んでいる時代背景がうかがえる。

■「国際モダンホスピタルショウ2019」関連記事
5G活用の遠隔手術支援、コンテナ車で災害時にも
AI活用、健康支援や疾患予測などへ拡大

 実際、各社からはIoTを活用したソリューションの展示が相次いだ。その中から幾つかをピックアップして見ていこう。

電磁波で皮下のグルコース値を測定、NTT

 NTTは、電磁波を用いて皮下の間質液からグルコース(ブドウ糖)濃度を測定する非侵襲の生体成分センサーを参考出展した。グルコース成分により吸収される周波数の電磁波を皮膚に照射し、反射信号を解析することで間質液中のグルコース濃度を推定するという。

NTTが参考出展した電磁波を用いたグルコース濃度センサー(写真:Beyond Healthが撮影、以下同)

 血液中のグルコース値と間質液中のグルコース値は相関性を持っており、血糖コントロールのために利用されるようになった。指先の血液から血糖値を測定する簡易血糖測定などと異なり、非侵襲であることが特徴。「非侵襲という点ではレーザー光を用いたグルコース値測定が精度的に有意かもしれないが、電磁波は生体組織による光の散乱の影響を受けにくい優位性がある」(説明担当者)。

 参考出展したセンサーデバイスは指先で測定するプロトタイプだが、将来的にはスマートウォッチのようなウエラブルデバイスを目指している。「正確な血糖コントロールというより、持続測定により日常の変化をとらえることで生活習慣の改善や受診の動機づけに利用することを狙っている」(同担当者)という。