これからの時代、脳科学をどのようにマーケティングに生かしていくべきか。「Rakuten Optimism 2019」(2019年8月1日開催)では、“脳科学から見るマーケティング”を主題にしたパネルディスカッションが開催された。

 登壇者は東北大学加齢医学研究所 所長/東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター センター長の川島隆太氏、脳科学者/医学博士/認知科学者/東日本国際大学教授の中野信子氏。モデレータを日経BP総研 上席研究員の菊池隆裕が務めた。

 「脳を鍛える大人のDSトレーニング」で広く知られる川島氏は、脳科学の第一人者である。中野氏はテレビをはじめとするメディアにひっぱりだこの、言わば脳科学のエバンジェリストだ。その両名が揃ったこともあり、5000人の会場は満員の盛況となった。楽天主催のイベントということもあり、聴衆にはデジタルマーケティングを主戦場とする人たちが数多く詰めかけたようだ。

 冒頭、モデレータの菊池がWebマーケティングの変遷を振り返った。Webの誕生以来、徐々に人間同士のコミュニケーションがデジタル化され、それにより得たデータを元に消費活動へとつなげていく流れに発展してきたと解説。そしてIoT時代は人間とデータがつながるフェーズへと突入し、ウエアラブルデバイスから取得したバイタルデータを通じてメンタルの可視化に挑むサービスも珍しくなくなってきたとする。

パネルディスカッションの様子。右から中野氏、川島氏、菊池(写真:小口 正貴、以下同)

 さらにその先には、脳科学の活用が控えている。「脳科学の利用を前提としたヘッドギア製品も生まれてきた。GAFAやテスラ社のイーロン・マスク氏など、名だたるIT巨人が“頭の中が見える世界”に大いに関心を示している」と紹介した。