キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、医療従事者が医療機関の外で、タブレットやスマートフォンを使って安全に医用画像を閲覧できる「モバイル画像参照サービス」の提供を7月16日に始めた。同社の医用画像クラウドサービス「Medical Image Place」の新たなサービスメニューで、医療機関に保存されているCTやMRIなどの画像をいったんMedical Image Placeのクラウド上にアップロードして、診療の現場だけでなく、外出先や自宅などでも参照できる仕組みだ(図1)。

図1●モバイル画像参照サービスのシステム概要(キヤノンMJによる、図2も)

 救急医療機関で夜間、当直医が専門外の患者を受け入れた場合、院外の専門医に画像を提示して助言や指示を仰ぐことで、より適切な医療を提供できる場合も少なくない。災害現場で診療を行う際、患者の病歴を詳細に把握したいという要望もある。また近年、厚生労働省は、少子高齢化が進む中での持続可能な保健医療の提供を目指し、在宅医療や医療介護連携を含む地域包括ケアの構築・拡充を進めている。こうした中、在宅や介護施設における診療など、医療機関を離れた現場で医用画像を確認したいというニーズが高まっている。

 モバイル画像参照サービスのプラットフォームであるMedical Image Placeは2014年10月、遠隔読影インフラサービスを皮切りにサービス提供を開始、順次サービスを拡充してきた。現在では、遠隔読影インフラサービス、今回提供を開始したモバイル画像参照サービスのほか、医用画像外部保管サービス、紹介患者の診療画像と読影レポートが共有される地域連携サービス、キヤノンの統合医療画像管理システムの機能を搭載した医療画像システムサービスの計5種類のサービスを提供している。