立命館大学とヤマハ発動機は「感動(KANDO)を科学する」共同研究を開始すると発表した。「感動」の明確化・数値化・可視化などに向けた産学融合共同研究プロジェクトで、最終的には「感動」をブランド化し、Well-beingや技術、製品などに活用していくとする。産学融合による新価値創造を目指す。

立命館大学とヤマハ発動機が行った、オンライン発表会の様子

 具体的には2021~2023年度の3カ年の計画で、基礎・応用・発展の3段階として取り組むことを想定している。基礎フェーズでは、主に立命館大学の心理研究グループが概念の定義や尺度開発といった感動の明確化に取り組む。1000人超の大規模質問票調査や認知心理実験といった心理研究のアプローチを駆使して解明を進める計画だ。

 続く応用フェーズでは主に同大学生理研究グループが中心となって、感動体験の前後や最中における身体や認知機能、表情、ふるまい、行動変容といった心身反応を調べ、感動の数値化を進める。例えばスポーツを見て盛り上がるといった覚醒度が高まる「感動」とじんわりとしみるような「感動」について、様々なパラメータを計測することで共通する点や識別可能となる点を探ることを想定する。一過性の体験として視覚や聴覚に刺激を与えるスポーツ観戦や音楽鑑賞を行うほか、短期的の体験としては1週間程度、複合的な刺激を与える自然体験などを計画しているという。

共同研究プロジェクトのロードマップ(図:立命館大学)

 発展フェーズでは、脳科学研究グループが主体となり、磁気共鳴装置などを利用して一過性感動体験による脳活動や、短期的感動体験の脳機能変化を研究する。加えて、同大学のブランディンググループが2021年度から感動のブランド化について取り組みを進める予定だ。消費者を対象に調査を進め、ブランド構造の把握や差異化、消費経験から得る感動とブランドの強化を進める。