シャープは、スマートフォン(スマホ)と連携しカウンセリングや調整などのサービスをすべてオンラインで受けられる、ワイヤレスイヤホン式の耳あな型補聴器「メディカルリスニングプラグ」(MH-L1-B)を2021年9月中旬以降に発売する。軽度・中等度難聴者に適した補聴器で、特に聞こえづらさを感じ始めた40~60代の現役ビジネスパーソンの利用を想定する。

シャープの耳あな型補聴器「メディカルリスニングプラグ」。外観については、ワイヤレスイヤホンと同等のデザインを採用した。眼鏡や時計のように毎日身に着けたくなるデザインを目指したとする。マイクを搭載しており、スマホと接続してハンズフリー通話可能なワイヤレスイヤホンとしても利用できる。この場合は補聴器機能はオフとなり、一般のイヤホンと同様の音量調整のみとなる(写真:シャープ)

自社技術活用し「オンライン診療ソリューション」に狙い

 今回の補聴器は、シャープにとって医療分野のDXを進める製品・サービスの第1弾となる。同社では「8K+5GとAIoTで世界を変える」を掲げており、ICTグループでは医療ソリューションの創出を目指してきた。中でも着目するのは「オンライン診療ソリューション」だ。同社の持つ、「AIoT」などのクラウド技術や5Gなどの無線通信技術、ウエアラブル機器やモバイル機器、デバイスで培った小型・省電力化技術が活用できると見込む。

シャープは健康・医療・介護分野での事業展開を進めている(図:シャープの発表会資料)

 ただし、同社単独では医療現場でのマーケティングや薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)への対応は難しい。そこで2020年6月に医療機器製造販売業者のニューロシューティカルズと資本業務提携契約を締結し、協業を進めてきた。今回の製品はその第1弾で、医療機器としての認証取得などはニューロシューティカルズが行ったとする。シャープでは今後もニューロシューティカルズとの協業を進め、消費者の反応を見つつ補聴器の新製品を検討するほか、医療分野のDXを進めるような製品・サービスの開発を続けるとする。