一般社団法人「ifLinkオープンコミュニティ」は2020年8月31日、設立半年を記念したオンラインインベント「ifLink Open Community Festival 2020 Summer」を開催した。会員企業やワークグループが「ifLink」を使った開発の事例を紹介したり、コミュニティを通した企業間連携の可能性について説明したりした。

 ifLinkは東芝デジタルソリューションズが開発したオープン型のIoTプラットフォーム。独自の「IF-THENエンジン」を利用することで、誰でも簡単にIoT機器を使ったサービスを作れるのが特徴だ。

 センサーやWebサービスなどを条件(IF)として設定し、特定の状態になったときに対応するアクション(THEN)を実行する。IFとTHENを設定するだけなので、プログラミングのスキルがない人でもサービスの設計が可能。ifLinkアプリをインストールしたスマートフォンがインタフェースになるため、IFとTHENに異なるメーカーの製品を利用できる。

「ifLinkモジュールバンク」に登録されたモジュールの例(出所:オンラインイベントの画面キャプチャー、以下同)

 ifLinkでは、接続する機器やWebサービスを「モジュール」と呼ぶ。現在、100社を超えるifLinkオープンコミュニティの会員企業が得意な分野のモジュールを提供している。「IoT機器はさまざまな部品やソフトウエアで構成されている。技術はどんどん進化していて、開発を製品メーカーやサービス事業者が1社で行うのは負担が大きくなってきた。そこで、さまざまな企業が機能を提供し、ユーザーがそれを選択できるという環境が必要だと考えた」(理事の吉本武弘氏)。

ifLinkオープンコミュニティ理事の吉本武弘氏

 ifLinkオープンコミュニティでは、各社が対応させたモジュールを「ifLinkモジュールバンク」というWebページに集約し、簡単に探せるようにしている。アイデアが生まれた場合は「オープンマーケティングプログラム」を利用してモジュールのメーカーと協力し、事業化までつなげることも可能だという。

従来は開発が1社に集約していたが、ifLinkオープンコミュニティでは会員がモジュールやレシピにアクセスして協力する相手を探せる