日常生活動作(ADL)の低下や身体の機能改善を目指す高齢者や要介護者が、大阪を代表する大型高級ホテルである「リーガロイヤルホテル」に滞在しながら、リハビリに取り組む──そんな「ホテルリハビリ」サービスが登場した。

 名称には優雅な響きがあるが、そのリハビリ内容は決してラクではない。カウンセリングにより個人プログラムを設定し、1回2時間、週5回の歩行機能回復に向けたリハビリと、同じく1回2時間、週4回の手足・生活動作の機能改善などに向けたリハビリを行う。つまり、1週間のうち4日は4時間、1日は2時間のリハビリトレーニングを積み、“休日”は2日だけというスケジュールで、基本的には1カ月単位での利用となる。ホテルで過ごす優雅なひとときというより、どちらかと言えば充実したトレーニングにより身体機能の向上を目指す、体育会系クラブの長期合宿のようだ。例えば車椅子でホテルに来店し、1~3カ月の滞在を経て自分の足で歩いて帰宅することを目指す。

 同サービスは、リーガロイヤルホテルを運営するロイヤルホテルと、歩行に特化した自立支援デイサービスを手掛けるポラリス、脳梗塞といった脳血管疾患後遺症などに対するリハビリを提供する「脳梗塞リハビリセンター」を展開するワイズの3社による共同サービスだ。ポラリスとワイズは、いずれも急性期を過ぎた慢性期の患者に向けたリハビリサービスを展開しており、リーガロイヤルホテル内に施設を持つ。今回のサービスで提供されるリハビリは保険外の自費リハビリとなる。

「ホテルリハビリ」の共同記者発表会には、ロイヤルホテル 代表取締役社長 蔭山秀一氏(左)、ポラリス 代表取締役 森剛士氏(中央)、ワイズ 代表取締役会長兼CEO 早見泰弘氏(右)が登壇した(撮影:大亀 京助)
「ホテルリハビリ」の共同記者発表会には、ロイヤルホテル 代表取締役社長 蔭山秀一氏(左)、ポラリス 代表取締役 森剛士氏(中央)、ワイズ 代表取締役会長兼CEO 早見泰弘氏(右)が登壇した(撮影:大亀 京助)
[画像のクリックで別ページへ]

 今回のサービスの中で、歩行機能回復に向けたリハビリはポラリスが担当する。同社は全国58カ所でデイサービスセンターを運営するが、一般的な高齢者を対象とする通所介護サービスとは大きく異なる。最大の特徴は、様々な日常生活には必ず歩行が伴う点に着目し、自立支援として歩行機能の回復に向けた運動に注力する点。「運動学習理論」に基づき、入院・手術や疾患などによって歩くことを“忘れてしまった”体に、歩く練習によってもう一度歩く技能を身につけさせるべく、低負荷反復運動を行う。

 リーガロイヤルホテル内に今回新設したポラリスのリハビリルームには、軽い負荷で呼吸やリズムを重視して取り組むパワーリハビリ用機器6機種と、天井懸下式の支持装置を備えたトレッドミル(「Pウォーク」)を備える。まずはパワーリハビリで関節の柔軟性を高めて可動域を広げた後、股関節部分を支えて体重負荷を減らした状態での歩行練習を繰り返すPウォークで歩行動作を思い出させる。最後には、実生活に近い屋外歩行を行う外出訓練リハビリを実施する。

ゆったりとしたトレーニングルームに、酒井医療のパワーリハビリ用機器6機種を用意する。一般的なトレーニングマシンと見た目は似ているが、負荷が軽いという特徴を持つ。筋肥大ではなく、関節の柔軟性や関節可動域の回復を目的とする。軽いリズミカルな動きで、弱った全身の神経と筋肉を再び活性化させるという(撮影:大亀 京助)
ゆったりとしたトレーニングルームに、酒井医療のパワーリハビリ用機器6機種を用意する。一般的なトレーニングマシンと見た目は似ているが、負荷が軽いという特徴を持つ。筋肥大ではなく、関節の柔軟性や関節可動域の回復を目的とする。軽いリズミカルな動きで、弱った全身の神経と筋肉を再び活性化させるという(撮影:大亀 京助)
[画像のクリックで別ページへ]
天井懸下式の支持装置を備えたトレッドミル「Pウォーク」。転倒防止装置や安全装置を備える。0.2km/hといったゆっくりスピードで練習を始める。このトレッドミルで2km歩けるようになった時点で外出訓練リハビリを開始する(撮影:大亀 京助)
天井懸下式の支持装置を備えたトレッドミル「Pウォーク」。転倒防止装置や安全装置を備える。0.2km/hといったゆっくりスピードで練習を始める。このトレッドミルで2km歩けるようになった時点で外出訓練リハビリを開始する(撮影:大亀 京助)
[画像のクリックで別ページへ]

 一方、ワイズは手足・生活動作の機能改善などに向けたリハビリを担当する。同社は、全国20カ所で「脳梗塞リハビリセンター」を運営している。そのうちの1カ所が2019年2月に開設したリーガロイヤルホテル内の「脳梗塞リハビリセンター大阪」で、今回のサービスで利用する拠点となる。同センターが主に対象とするのは、脳梗塞や脳出血といった脳血管疾患などによる麻痺や失語症、高次脳機能障害といった後遺症。職場復帰などを目指す人の “退院後のリハビリ”需要に応える健康保険・介護保険外の自費リハビリとして、動かしやすい体作りや不定愁訴に対応する鍼灸や、手足の動かし方を中心とする理学療法士や作業療法士によるリハビリ、失語症に向けた言語聴覚療法、CYBERDYNEの装着型サイボーグ「HAL」を使ったリハビリなどを提供している。

 今回のサービスでは脳血管疾患などの要因に限らず、身体の機能改善を目指す人に向けて、鍼灸と理学療法士・作業療法士による手足の動き改善に向けたリハビリを提供する。特に歩行に向けたリハビリをポラリスが週5回集中的に行うことから、ワイズ(脳梗塞リハビリセンター)では手足の麻痺への対応や、入浴や食事など日常動作に関するアドバイス、鍼灸による痛みや疲れへの対応を中心にリハビリを進めることを想定している。個別の要望に応じて、言語聴覚療法やHALによるリハビリをオプションとして追加することも可能だ。

「脳梗塞リハビリセンター」での手足の動き改善に向けたリハビリの様子(撮影:大亀 京助、写真の一部を加工しています)
「脳梗塞リハビリセンター」での手足の動き改善に向けたリハビリの様子(撮影:大亀 京助、写真の一部を加工しています)
[画像のクリックで別ページへ]