臨床実習。医学部の5年次生が初めて診療の現場に入る機会だ。医学教育の国際認証取得が求められる中、日本の医学系大学は臨床実習の質向上を中心とした医学教育の変革を推進している。

 このほど福井大学医学部は、同大学発ベンチャーの日本医学教育技術研究所と共同で、臨床実習を支援するICT教育システム「F.CESS(エフ・セス)」を開発・製品化した。同大学医学部での2年の評価運用を経て、2020年から他大学医学部や医療機関向けて販売していく。

発表会見に登壇した医学部長の内木氏(中央)、医学部附属教育支援センター長の安倍氏(右)、日本医学教育技術研究所 代表の田中氏(左)(写真:Beyond Healthが撮影)

 福井大学 医学部長の内木宏延氏は「日本の医学教育は大きな変革期にある。それに対応するため5年の歳月をかけて臨床実習を支援するICT教育システムを開発してきた。我々のシステムが日本の医学教育を変革しうると信じている」と意気込みを見せた。

「従来の紙運用での対応は困難」

 開発の背景には、医学部の“2023年問題”がある。米国で医業を行う資格を審査するEducational Commission for Foreign Medical Graduates(ECFMG)が、ECFMGへの申請は「2023年以降は国際的な基準で評価・認定を受けている医学部出身者に限る」としたのだ。

 このため、日本医学教育評価機構(2015年に発足)は、国際的な基準で医学部の教育の質を保証するため、臨床実習の質と量を充実させる臨床実習改革を進めている。具体的には、臨床実習期間の増加(35週から70週)、見学型実習から診療参加型実習への転換、実習全体の根拠を持った評価、などだ。

 その結果、実習期間が増え、学生が書いたカルテのチェックや手間が増大した。400項目以上に増えた評価項目で学生を一人ひとり確実に評価する必要が出てきた。「従来行われている紙運用による実習の管理・評価の仕方では対応は困難」(同大学 医学部附属教育支援センター長の安倍博氏)となった。そこで開発に至ったのが、F.CESSというわけだ。