順天堂大学、花王、Preferred Networks(以下、PFN)などの研究グループは、パーキンソン病患者皮脂中のRNA(リボ核酸)に、病態と関連した特有の情報が含まれることを発見した。これを受けて3社は、「皮脂RNA情報と機械学習モデルによる新たなパーキンソン病検査方法の可能性」について、共同でオンライン記者発表会を開催した。

 順天堂大学大学院医学研究科神経学の服部信孝教授によれば、パーキンソン病(以下、PD)の患者には「脂漏性顔貌」という皮脂腺に問題のある特異な症状があるという。これに加えて、「皮脂RNAは安定性が非常に高い」という花王の研究成果があったことから、順天堂大学大学院医学研究科神経学の斉木臣二先任准教授はそれらに着目し「PDの診断に用いられないか」と考えて研究がスタートした。

順天堂大学大学院医学研究科神経学の服部信孝教授(写真:オンライン会見のキャプチャー、以下同)
順天堂大学大学院医学研究科神経学の服部信孝教授(写真:オンライン会見のキャプチャー、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 今回の3者の取り組みから得られた結果は「皮脂RNAによるPDの新たな検査方法の可能性を示した画期的な成果」で、AIを組み合わせた「最先端の研究成果」であると服部氏は説明する。さらに、今後は「これを臨床に生かしていくフェーズとなる」と付け加えた。