医療をもっと身近なものに感じてもらうため、横浜市は2018年10月から、民間企業などと連携した手法で医療広報を実施する「医療の視点」プロジェクトに取り組んでいる。その一環としてこのほど、患者と医療従事者の視点の違いによって生まれるコミュニケーションギャップの改善を目的とした「医療マンガ大賞」を創立した。

 「医療マンガ大賞」は、マンガの原作となる10点のエピソードを事前に用意し、そのエピソードに基づいてマンガを投稿してもらうプロジェクト。「医療に対する視点の違いや想いを描き出す」「実際の医療現場での出来事をエピソード化」「医療の話題をマンガで分かりやすく伝える」という3つをキーポイントに掲げる。応募期間は2019年10月10日までに応募された作品に対して、11月上旬の結果発表を予定する。

 横浜市医療局は2019年9月30日、「医療マンガ大賞」の開催を記念するイベントを横浜市内で実施。応募作品を審査する編集者やマンガ家、医療従事者によるトークセッションが開かれた。登壇したのは、コルク 代表取締役会長(編集者)の佐渡島庸平氏、マンガ家のこしのりょう氏、医師・コラムニストで「SNS医療のカタチ」を展開する大塚篤司氏、メディカルノート 代表取締役・共同創業者で医師でもある井上祥氏だ。

会場の様子(写真:近藤 寿成、以下同)

 まずはそれぞれの立場から、実際の医療現場で起きるコミュニケーションギャップについて語った。現役医師の大塚氏は実際に「大きなギャップを感じている」そうで、専門的になればなるほど「患者と医者との間で知識差が広がっている」と感じている。例えば、近年はがん治療が進歩しており、がんの成長を抑えて共存することも可能だが、20年前の知識で止まったままの患者はいまだに「がん=死」と思っているため、がんを宣告されると大きなショックを受けてしまうケースが多いという。