シンガポールにおけるヘルステックのエコシステムは、「まだまだ未熟だが、かなりのスピードで成長している」――。

 シンガポール経済開発庁 日本事務所 所長 / 駐日シンガポール共和国大使館 参事官(産業)事務所 二等書記官(産業)のリー・チーハオ氏は、「TECH for LIFE SOLUTION DAY」(主催:INDEE Japan、共催:LINK-J、2019年9月に開催)に登壇。「グローバル視点でのライフサイエンスイノベーション動向と具体事例」をテーマに、シンガポールのヘルステックについて紹介した。

シンガポール経済開発庁 日本事務所 所長 / 駐日シンガポール共和国大使館 参事官(産業)事務所 二等書記官(産業) リー・チーハオ氏(写真:近藤 寿成)

 リー氏が所属するシンガポール経済開発庁は、日本の経済産業省にあたる省の傘下にあり、投融資がメイン業務となる。多国籍企業との連携のなかで、シンガポールでのイノベーション活動などを、建国以来40年以上にわたって支援してきた。

 リー氏によれば、2018年時点でのヘルスケアスタートアップの数は170社ほど。2015~2018年の年率では約23%の成長だという。成熟度にも変化が見られ、2012年にはアーリーステージやシリーズAのみだった状況が、2018年にはシリーズBまで成長するスタートアップも出てきているという。「すべてのルートが見えつつある段階に来た」(リー氏)。

 シンガポールでは高齢化が進んでいるものの、全体としてはまだまだ若い。所得のベースも増加傾向にある。そのため、ヘルスケアに対する要求は多様化しているという。ただ現時点ではASEAN全体でのヘルスケア支出が年々上昇している中で、GDP比の支出は他国やOECD諸国の平均よりも下回っている。このため、「まだまだ成長の余地がある」というのがリー氏の認識だ。