テムザックは、小児歯科の教育に利用することができる小児患者型ロボット「Pedia_Roid(ペディアロイド)」を開発。2020年10月8日に東京都内で開催した記者会見で、詳細を説明した。

 このロボットの特徴は、小児患者特有のジタバタと暴れる動作や病状の急変をリアルに体感できるところ。首を振ったり、手足も動かしたりするほか、泣き声も出す。

 小児のロボットに注目した理由は、歯科教育において小児の臨床実習をする機会が少なく、結果として医療現場での子どもの治療の危険性の認知が歯科医学生らの間で低いことがあった。小児の全身管理は成人とは異なり、一歩間違えると死亡事故にもつながるので看過できないことだった。

ペディアロイドを使った歯科治療のイメージ(写真:記者会見の画面キャプチャー)

 実際、ペディアロイドを使って歯科治療を模した状況を目の前にすると、本当に子どもが泣きながら暴れているように見えてくる。こうした機能を備えることで、小児の診察を現実に近い状態で体験できる。しかも急変時のショック状態を再現する痙攣(けいれん)の動きも出せるようにした。

 近づいて顔を見ると、瞬きや眼球、舌の動きがある。さらに、診察をしてみると、脈も聞き取ることができて、アナフィラキシーショックなどのショック状態を再現することも可能だ。呼吸の変化、顔色の蒼白、紅潮の変化もある。

 同社 代表取締役の高本陽一氏は「胸の部分に仕込まれたスピーカーから心音と呼吸音が鳴り、聴診器で聞くことができる。肌の色もLEDにより顔色を蒼白にしたり、紅潮させたりすることもできる」と言う。さらに、採血、心臓マッサージ、対光反射の確認も可能で、爪色の変化も可能としている。

 高本氏は、「目は液晶ディスプレーになっており、目に光を探知するセンサーがあるので、目元に光を当てると瞳孔が収縮するように見える。右手には擬似的な血液を循環させており、採血をできるようにしている」と説明する。

 歯列模型を組み込んで歯を削ったり、一本ずつ交換したりすることもできる。虫歯の治療を体験するような実習も可能とする。