元経済産業省官僚の安部一真氏が2019年に設立したメドリングが、AIなどを活用した「スマートクリニック」をベトナムに開設すると発表した。2020年10月31日にベトナムのイオンモールに1号院を開く。

 安部氏は、「日本での医療事業展開は制約が多く、事業成長性がない。ブルーオーシャンであるアジアで成功モデルを作ろうと考えた」と説明する。まずはベトナムでクリニックを増やして成功モデルを作った上で、いずれはベトナム以外での医療施設の運営にもつなげることをもくろむ。

メドリングの安部一真氏(写真:星 良孝)

 ベトナムで始める医療機関名は「METiC(MEDRiNG Tokyo International Clinic)」。日本水準の医療サービスとして、内科と小児科の慢性期医療を中心に対応。公的な保険制度から医療費を賄う形ではなく、受診者本人が自費で医療費を支払う自由診療を行う。日本と同様な医療機器や医薬品を使い、接遇も重視する。

 安部氏は、「ベトナムの既存のクリニックでは、受付で足を組んでスマートフォンをさわっているような雰囲気も見られる。接遇は日本水準を実現していく。ゲートキーパーとして、最低限の一次医療を提供する。日本の医療機関と連携して、オンラインでグローバルの遠隔医療や日本の医師による医療指導も行う」と説明する。虎の門病院をはじめ、日本のクリニックなどとの連携先を広げる。

ベトナムのクリニックと日本が容易にオンラインでつながる。左はベトナム、右は日本の本社 (写真:星 良孝)

 診療支援AI(人工知能)搭載した電子カルテの開発を進める。ベトナムで一般的ではない電子カルテを先駆けて自社開発で活用していく。しかも診療をサポートするAIの開発を進めて、医師の診療レベルを引き上げる。

 そのために医療データの蓄積を目指すのも特徴だ。クリニックの開院を増やすほど、データの取得も増えていき、診療支援のAIの機能も高まっていくという考えだ。2024年中には、100万人を超えるデータが蓄積するという見通しを持っている。スマートクリニックと銘打つのもこうした情報通信技術を生かすためだ。

 1号院を開設するハノイ市郊外のハドンという地域にあるイオンモールは、年間延べ1800万人の来場があり、ベトナムの物価としては高額商品を置いているのが特徴。経済的に余裕のある層が利用する。国内5モール目でテナントとしてクリニックを入れるのは初めてになる。メドリングにとって初めてのクリニックで今後オペレーション構築やシステム開発を進めて、今後のモデルとしていく考えだ。

 同じハノイ市のロンビエンのイオンモールに2号院を2021年4月に開院予定としている。今後、年間2~4院の開院を続ける方針。安部氏は「日本ではこうしたペースで開院するのは難しい。個人の医師の協力も得ることが難しい。日本以外であれば、こうした展開が可能になっている」と説明した。