ヘルスケア分野の社会的課題の解決に挑戦する優れた団体・企業等を表彰することを目的とした、経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2021」。2015年にスタートし6年目を迎えた今回は、最終プレゼン審査を2021年1月28日に予定している(関連記事: [詳報]経産省ヘルスケアビジコン、5代目グランプリ決定)。

 その最終プレゼン審査に向け、アイデアコンテスト部門とビジネスコンテスト部門において書類審査を通過したセミファイナリストの一次プレゼン審査が2020年10月、「日経クロスヘルスEXPO 2020」内で実施された。コロナ禍のため、オンラインでのプレゼン参加も交えた審査となった。

 冒頭で登壇した、経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐の高橋久美子氏は、コロナ禍ながらも過去最大となった応募総数に触れ、参加者の情熱と挑戦する意思を称えた。「ヘルスケア分野は斬新なアイデアを思いついても、相手にされないことが多い。しかし、より良い未来を作るためには、理想と現実のギャップを埋めていく作業の積み重ねが必要であり、情熱や意思、行動がそういったものを突き動かす。今回のコンテストが「理想と現実のギャップを埋める一歩になるとともに、挑戦者への支援が広がる機会となること期待する」(同氏)。

経済産業省の高橋氏(写真:寺田 拓真、以下同)

 本記事ではまず、アイデアコンテスト部門において書類審査を通過した15組のセミファイナリストのプレゼンを、登場順に伝えていく。

グランプリの座を競うビジネスコンテスト部門12社のセミファイナリストによるプレゼンの様子はこちらの記事へ
経産省ビジコン6代目グランプリは、この12社の中に

●梶山愛氏(クレインバスキュラー 代表取締役/東北大学大学院医工学研究科 技術補佐員)

 梶山氏は、血液透析用の血管(AVシャント)が狭くなる「狭窄」を防止する新たな治療法として「AVシャントリモデリングデバイス」を紹介した。狭窄を発症すると透析できなくなることから、血液透析の現場では深刻な問題になっているという。そこで梶山氏は、このデバイスで狭窄の発症や手術の心配を取り除き、患者が安心して透析できることを目指している。

梶山愛氏

 狭窄の治療法としては現在、狭窄部にカテーテルを挿入し、バルーンを拡張することで血液の流路を再開通する方法がある。ただ、この治療法は「年間18万件も実施されており、その医療費は450億円にもなる」(梶山氏)。この現状を解消すべく、梶山氏が着目したのは「冠静脈バイパスの静脈狭窄における新たな治療法」である。その治療法をAVシャントの狭窄に応用したものが「AVシャントリモデリングデバイス」で、狭窄の主要因である「内膜肥厚」を抑制できる。

 ターゲットとする市場規模は、日本国内の450億円に海外市場をプラスした1150億円を見込んでおり、このデバイスが実現できれば「市場に大きなインパクトを与えられる」(梶山氏)。助成金を獲得した2019年から開発をスタートしており、現在は東北大学・大学病院と共同研究を進めている。