既に5社のグランプリ企業を生み出してきた経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト」。6回目を迎える2021年大会は、最終プレゼン審査を2021年1月28日に予定している(関連記事: [詳報]経産省ヘルスケアビジコン、5代目グランプリ決定)。

 その最終プレゼン審査に向け、アイデアコンテスト部門とビジネスコンテスト部門において書類審査を通過したセミファイナリストの一次プレゼン審査が2020年10月、「日経クロスヘルスEXPO 2020」内で実施された。コロナ禍のため、オンラインでのプレゼン参加も交えた審査となった。

 アイデアコンテスト部門に登壇した15組の様子は既報でお伝えした通り(関連記事: 15のアイデア競演、2021経産省ビジコンの一次プレゼン審査)。一方、6代目グランプリの座を争うビジネスコンテスト部門には、12社が登壇した。

 冒頭の挨拶では、経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長の稲邑拓馬氏が登壇。コロナ禍の影響がありながらも、応募数やその中身の質が充実していた点に触れた。「コロナ禍によってあらためて社会課題が認識され、それに対応する新しいアイデアやソリューションが生み出されたのではないか」(同氏)。政府として「イノベーションにつながる新しいアイデアの社会実装にしっかり対応していく」(同氏)とした。

経済産業省の稲邑拓馬氏(写真:寺田 拓真、以下同)

 以降では、ビジネスコンテスト部門のセミファイナリスト12組によるプレゼンの様子を、登場順に紹介していこう。