国立がん研究センターとNHKエンジニアリングシステムなどの研究チームは、8K映像システムで手術映像をリアルタイムに送受信し、遠隔で手術を支援するシステムを開発。動物を用いた腹腔鏡下直腸切除術の実証実験を行い、実用化に向けた有用性を確認したと発表した。

実証実験の様子(写真:Beyond Health、以下同)
実証実験の様子(写真:Beyond Health、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 実証実験では、NHKエンジニアリングシステムと池上通信機が共同開発した小型8K内視鏡カメラと、オリンパスが開発した8K腹腔鏡を用いた腹腔鏡手術システムを使用。手術室を想定した実験サイト(千葉県)で実施される動物の直腸切除術の生映像を、光ファイバー、5Gなどのブロードバンドを使って遠隔地(京都府のけいはんなオープンイノベーションセンター)に低遅延でライブ配信した。外科医3人での手術に対し、遠隔支援がある場合とない場合での内視鏡手術技術の改善度を評価した。

開発した小型8K内視鏡カメラ
開発した小型8K内視鏡カメラ
[画像のクリックで別ページへ]

 その結果、8K内視鏡映像に遠隔支援を加えることで、外科医の内視鏡技術が向上し、手術時間が短縮することを確認したという。映像は、伝送レート80Mbps、遅延時間約600ミリ秒で伝送できることを確認し、医療従事者による別の評価実験で得られた同システムに必要な映像伝送レート80Mbps以上、許容映像遅延時間1.3秒以下という基準を満足することを確認したとする。

実証実験の動画。経験豊富な専門医が遠隔で支援しながら手術している(出所:国立がん研究センター)

 今後、外科医を1人減らしても質の高い腹腔鏡下直腸切除術が実施できるかどうかを確認していく。これら実証実験の結果を踏まえ、医療経済的な観点からの分析も行うことで、医療機器としての承認と、社会実装に向けた計画の策定に取り組むとしている。

今回の実証実験では外科医3人での手術。今後、1人減らせるかを確認していくという
今回の実証実験では外科医3人での手術。今後、1人減らせるかを確認していくという
[画像のクリックで別ページへ]


(タイトル部のImage:Beyond Health)