「第2回メドテック・イノベーションシンポジウム&ピッチ」(主催:ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン<LINK-J>)が2019年11月5日、都内で開催された。その一つのプログラムとして「大学・企業・病院発 メドテック・イノベーションピッチ」を実施。同年7月からの選考を勝ち抜いたスタートアップが登壇した。

 登壇したのは、bitBiome、シンクアウト、Cross Sync、アドリアカイム、iMed Technologiesの5社。メドテックの名を冠した通り、5社とも医療領域に深く切り込んでいるのが特徴だ。3人が現役の医師であり、担当科も眼科、急性期医療、脳内手術の外科医とバラエティに富む。さながら現場の課題・ニーズを端緒としたメドテックの最前線事例の様相を呈していた。

審査員の面々。左から三菱UFJキャピタル 執行役員 ライフサイエンス部長 長谷川 宏之氏、US-Japan Medtech Frontiers, Board member Kirk Zeller氏、MedVenture Partners 代表取締役社長 大下 創氏、日本医療機器開発機構 代表取締役 CEO 内田 毅彦氏(写真:小口 正貴、以下同)

 5分間のピッチ+5分間の質疑応答の合計10分間の形式で、審査員は医療機器関連のベンチャーキャピタリストが担当した。審査の結果、優勝したのは、オリンパスからスピンアウトしたアドリアカイム。同社にはシリコンバレーへの海外派遣プログラムの渡航費、または最大1億円までの事業化費用の出資などが検討されるという。

 以降では、前述の5社を登壇順に紹介していく。