ネットと生活が不可分な今、多くの人がネット上で健康や病状について検索し、自分が望む情報を入手する。一方でメディアに掲載された情報を疑いなく受け入れることには危険が伴う場合もある。記憶に新しいところでは、信憑性の低い情報を流し続けた2016年の健康情報サイト問題がそれに当たる。

 信頼性よりも利便性・即時性が勝るのは仕方がないことだが、こんな時代だからこそ、どのように情報リテラシー(活用・収集のための能力)を磨くべきかが重要になってくる。とりわけ体の状態に直結する健康・医療情報であればなおさらだ。「第21回図書館総合展」(2019年11月12日〜14日、パシフィコ横浜)では、「医療・健康情報の信頼性について -医療現場と図書館の役割-」とのテーマで、識者が講演を行った。

 先に登壇したのは北澤京子氏。かつて医療系専門雑誌で編集委員を務め、現在は京都薬科大学客員教授として医療社会学を教える。医療ジャーナリズムの最前線で活躍する立場から、ネット時代における情報収集の怖さや正しい情報との向き合い方について解説した。

京都薬科大学客員教授/医療ジャーナリスト 北澤 京子氏(写真:小口 正貴、以下同)

 北澤氏は「ネットが社会の隅々まで影響を及ぼしてきたのがこの10年の変化。健康・医療情報を考える上でも、ネットをどのように使い、そこから流れてくる情報にどう対応すべきかが非常に大きなテーマとなっている」と切り出した。続けて、急激に変わりつつある情報収集の変化に言及。独自取材をもとに信頼性の高い情報を提供する新聞の力が弱まり、「今やポータルサイトでさえなく、LINE、Facebook、TwitterなどのSNS経由でニュースを読んでいる。しかし、SNSで配信される情報ソースがどこなのかを気にする人は少ない」と指摘した。