「柏の葉に医療機器開発のエコシステムを構築する」を目的に、2021年10月26日に実施された「第5回メディカルデバイスイノベーション in 柏の葉」。その第2部では、11社の医療機器スタートアップによるプレゼンテーションが展開された。その内容を、登壇順に紹介していく。

●ARCALIS

ARCALIS 事業開発部 長谷川由紀氏
ARCALIS 事業開発部 長谷川由紀氏
[画像のクリックで別ページへ]

 2021年2月に設立されたARCALISは、アクセリードと米Arcturus Therapeutics Holdings, Inc.による合弁会社。2021年5月に柏の葉でCMCラボを設立し、2022年からmRNA医薬品・ワクチンの受託製造開発事業(CDMO)を開始する予定だ。

 mRNA医薬品は、最新の医薬品カテゴリーであり、がんや希少疾患にも迅速に新規治療法を提供できると期待されている。しかし日本ではこれまで、自社開発できる企業や受託製造開発事業者がほとんど存在していなかった。そこでARCALISは、CMC開発からLNP製剤製造までを手掛け、mRNA医薬品のワンストップCDMOサービスを提供する国内初の企業を目指す。

●アットドウス

アットドウス 代表取締役 中村秀剛氏
アットドウス 代表取締役 中村秀剛氏
[画像のクリックで別ページへ]

 アットドウスは、「電気二重層」という自然現象を利用して電流の流れを水の流れに変える装置「電気浸透流ポンプ」を開発し、抗がん剤の副作用を防ぐことに取り組んでいる。電気浸透流ポンプは既存のポンプと比較して、「サイズが小さい」「軽い」「安価」「必要な電流が少ない」「振動がない」「音がしない」「脈流がない」といった特徴がある。

 現在は城西大学でがんマウスによる検証実験を行っており、電気浸透流ポンプを使った局所への超微量投与によって「副作用を軽減しながら薬剤の効果を持続できた」という結果が得られているそうだ。さらに、IoT機器として「スマホアプリを使った投薬コントロールの検証」も進めている。

●メドメイン

メドメイン 代表取締役 CEO 飯塚統氏
メドメイン 代表取締役 CEO 飯塚統氏
[画像のクリックで別ページへ]

 病理AI解析ソリューション「PidPort」を開発・提供するメドメイン。PidPortは、深層学習によって開発された病理AIを利用した高精度かつ迅速な解析結果の提示と、オンライン上での病理診断を実現する。これによって世界的な「病理医の不足」を解消し、どこにいてもすぐに高い水準の病理診断を受けられる世界を目指す。

 主な機能としては「保管・管理」「閲覧・共有」「AI解析」の3つを用意するほか、スキャニングサービス「Imaging Center」も提供。基本的には、病院で作られる病理標本やプレパラートをまずは画像データに変換し、その画像データとそれに付随する症例情報などを合わせてWeb上で利活用するシステムとなる。