東芝は、血液1滴から13種類のがんを99%の精度で2時間以内に検出する技術を開発した。この中にはステージ0の検体も含まれるという。本技術の詳細は、「第42回日本分子生物学会年会」(2019年12月3~8日に福岡で開催)で発表する予定だ。

 血液中に含まれる「マイクロRNA」と呼ぶ分子を調べることで、がんを検出する技術である。東京医科大学および国立がん研究センター研究所との共同研究によるものだ。国立がん研究センターが中核となり、2014~2018年に実施された開発プロジェクト「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」の成果をベースとしている(関連記事:「血液1滴で13種がん検出」、実用化が目前に)

 これに、東芝が新たに開発したマイクロRNA検出技術とそのためのデバイス「マイクロRNAチップ」(タイトル部の写真)を融合させた。今後、前出のプロジェクトを主導した東京医科大学の落谷孝広教授などと共同研究を進め、2020年から実証試験を実施する予定である。

東芝 研究開発センター 研究主幹の橋本幸二氏(写真:近藤 寿成)

 なお、現時点では13種類のがんを個別に識別できるわけではない。「健常者」か「13種類のがんのいずれかに罹患している可能性がある」かをスクリーニングする検査となっている。