あの「瞑想アプリ」のユニコーン企業であるCalm.com社が、日本に上陸した。同社は、日本人ユーザーのための日本語オリジナルコンテンツの提供を、2020年12月9日に開始。本格的な日本市場への参入に当たり、オンラインで実施された発表会では、同社 CEOやプロダクト責任者などからアプリの詳細や参入意図などが説明された。

Calmの利用画面イメージ。左からマイページ、瞑想、睡眠、音楽(出所:Calm社)
Calmの利用画面イメージ。左からマイページ、瞑想、睡眠、音楽(出所:Calm社)
[画像のクリックで別ページへ]

 Calm社は、共同創設者で共同CEOでもあるマイケル・アクトン・スミス氏とアレックス・テュー氏が2012年に創設。2019年には、メンタルヘルス業界で世界初の評価額10億米ドル企業となった(関連記事:注目の的「瞑想アプリ」、かつての「ウエアラブル」と同じ道をたどるか)。

 同社は、「世界をより健康に、より幸せにすること」をミッションに掲げる。スミス氏は、我々が日々感じているストレスを「21世紀の現代病」と表現し、ストレスが「日々の生活や心身の健康に影響を与えている」と指摘する。

Calm.com社 共同創設者&共同CEOのマイケル・アクトン・スミス氏(写真:オンライン会見のキャプチャー、以下同)
Calm.com社 共同創設者&共同CEOのマイケル・アクトン・スミス氏(写真:オンライン会見のキャプチャー、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 世界中でメンタルヘルスの重要性が語られる一方で、例えば米国では従業員の83%が職場のストレスに悩まされており、米国経済に毎年3000億米ドル以上の損失を生んでいると語る。日本でも似たような統計結果があり、従業員の62.6%が仕事のストレスに悩んでおり、企業の59.2%が全従業員のメンタルヘルス対策を取り入れ始めたそうだ。

 同社はメンタルフィットネスを新しい健康法と捉え、瞑想や睡眠などによって心をケアしていく。テュー氏は、ここでの重要なポイントとして「科学的根拠」を挙げる。同社のアプリは、実証済みの研究に基づいており、「瞑想はさまざまな面において効果的で有益であることが示されている」ほか、「睡眠やその他のコンテンツについても多くの研究が行われている」と説明する。これにより、人々の瞑想・不安の緩和・睡眠改善などをサポートしていく考えだ。

Calm.com社 共同創設者&共同CEOのアレックス・テュー氏
Calm.com社 共同創設者&共同CEOのアレックス・テュー氏
[画像のクリックで別ページへ]

 今回の日本でのローンチにあたって、スミス氏は「2020年が世界的に不安感のある厳しい年だったことから、世界中の人々にとって価値のあるCalmを日本でも提供することにした」と説明する。テュー氏は「以前からあった日本展開を望む声にお応えした」と答えるとともに、日本のデジタルフィットネス市場が2024年までに大きく伸びるという調査予測から「ビジネス的なタイミングも合っていた」と補足した。