「大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所」。そんな研究所が大阪大学吹田キャンパス内に登場した。幸せな健康長寿の実現を目的とし、疾病のリスク予測や機能性食品の評価・改良につながる基盤技術や製品の開発を目指す研究所だ。

左が大阪大学 総長の西尾章治郎氏、右が島津製作所 代表取締役社長の上田輝久氏(写真:伊藤 瑳恵、以下同)

 同研究所では、代謝物を網羅的に解析するメタボロミクス(メタボローム解析)を核として研究開発に挑む(関連記事)。メタボロミクスに着目したのは、「代謝物が“今”の健康状態を反映するから」。2019年12月19日に行われた開所式に登壇した大阪大学 大学院工学研究科 教授 兼 大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所 副所長の福﨑英一郎氏は、そう説明する。

大阪大学 大学院工学研究科 教授 兼 大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所 副所長の福﨑英一郎氏

 ゲノミクスで扱うゲノムは、生まれたときから変わらない生得的な情報である。これに対し、代謝物はたんぱく質の働きによって生体内で日々つくられている。そのため、代謝物を解析するメタボロミクスを活用すれば、刻一刻と変化する体の状態を観察できるというわけだ。