岩手県内を中心にPCR検査キット販売も

 セルスペクトと薬王堂は、今回の取り組みで使用する「新型コロナウイルス PCR検査サンプリングキット」を2020年12月22日からECサイトで販売する。キットを使って自宅で採取した検体(唾液)を薬王堂の店舗に設置した専用ポストに投函してもらえば、セルスペクトが集荷・検査し、Webサイト上で結果が通知される。販売価格は1万6000円(税抜)。

検査キットを使ったサービスのイメージ(出所:薬王堂のプレスリリース)
薬王堂 取締役常務執行役員の西郷孝一氏(写真:オンライン画面のキャプチャー)

 検体を受け付ける専用ポストは、断熱材を使用して温度管理ができるようになっている。専用ポストは県内にある薬王堂の20店舗に設置しており、「当面は、岩手県一関から沼宮内までの国道4号ラインをサービス提供エリアとして想定している」と薬王堂 取締役常務執行役員の西郷孝一氏は話す。

 将来的には、検査キットを使って自治体や教育機関、企業などと連携するサービスを東北全土や全国に向けて提供していきたいという。

(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)