「宇宙×ヘルスケア」をテーマにしたイベントが、2021年12月16日に開催された。ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)が主催したオンラインイベント「宇宙×ヘルスケア 宇宙での課題を起点としたヘルスケアビジネスの可能性+JAXA新規プログラム紹介」である。同イベントでは、宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 J-SPARCプロデューサーの中島由美氏が「宇宙での生活、“THINK SPACE LIFE”プラットフォームの取り組み」と題して講演した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 J-SPARCプロデューサーの中島由美氏(写真:オンラインイベントのキャプチャー)
宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 J-SPARCプロデューサーの中島由美氏(写真:オンラインイベントのキャプチャー)
[画像のクリックで別ページへ]

 商業宇宙旅行がいよいよ実現しだし、宇宙開発が新たなフェーズへと移りつつある昨今。人類がこれまで以上に宇宙へと進出すれば、宇宙でのさらなる長期間滞在が見込まれる。そのようなケースを想定した宇宙での新たなマーケットとして考えられるのが、地上での生活と同様の「衣」「食」「住」である。そして、この中の「衣」と「住」を担当しているのが、JAXAの「THINK SPACE LIFE」という取り組みである。

 「宇宙生活の課題・ニーズから、宇宙と地上双方の暮らしをより良くする」をビジョンに掲げるTHINK SPACE LIFEは、宇宙生活の課題やニーズに基づき、それらを解決するための製品やサービスを創出することに取り組んでいる。そして、それを宇宙や地上で活用することで「両方の暮らしをアップデートしていく」と中島氏は説明する。

 具体的には、宇宙であれば「宇宙飛行士のパフォーマンス向上」「宇宙旅行者の満足度」「月・火星探査ミッションでの活用」などに着目し、それらを実現することで宇宙での生活をアップデートしていくとともに、地上での課題解決や暮らしのアップデートにもつなげていく考えだ。なお、宇宙生活の課題・ニーズをまとめた資料「Space Life Story Book」は、Webページでも公開されている。

 なぜJAXAは「宇宙生活の課題・ニーズ」に着目したのか。中島氏は、地上での「当たり前の世界」と宇宙での「極限の世界」を比べた場合、宇宙には「閉鎖隔離環境」「水や物資の制限」「微小重力」といった相違点があることを指摘。さらに、これらによって起きる「制約」「困難」「ストレス」「欲求」などに重要な“気付き”があることにも注目し、「その気付きを大切にして製品やサービスを生み出すことで、イノベーションが起きる」(中島氏)と語った。