「宇宙×ヘルスケア」をテーマにしたイベントが、2021年12月16日に開催された。ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)が主催したオンラインイベント「宇宙×ヘルスケア 宇宙での課題を起点としたヘルスケアビジネスの可能性+JAXA新規プログラム紹介」である。同イベントでは、宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 J-SPARCプロデューサーの中島由美氏が「宇宙での生活、“THINK SPACE LIFE”プラットフォームの取り組み」と題して講演した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 J-SPARCプロデューサーの中島由美氏(写真:オンラインイベントのキャプチャー)
宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 J-SPARCプロデューサーの中島由美氏(写真:オンラインイベントのキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 商業宇宙旅行がいよいよ実現しだし、宇宙開発が新たなフェーズへと移りつつある昨今。人類がこれまで以上に宇宙へと進出すれば、宇宙でのさらなる長期間滞在が見込まれる。そのようなケースを想定した宇宙での新たなマーケットとして考えられるのが、地上での生活と同様の「衣」「食」「住」である。そして、この中の「衣」と「住」を担当しているのが、JAXAの「THINK SPACE LIFE」という取り組みである。

 「宇宙生活の課題・ニーズから、宇宙と地上双方の暮らしをより良くする」をビジョンに掲げるTHINK SPACE LIFEは、宇宙生活の課題やニーズに基づき、それらを解決するための製品やサービスを創出することに取り組んでいる。そして、それを宇宙や地上で活用することで「両方の暮らしをアップデートしていく」と中島氏は説明する。

 具体的には、宇宙であれば「宇宙飛行士のパフォーマンス向上」「宇宙旅行者の満足度」「月・火星探査ミッションでの活用」などに着目し、それらを実現することで宇宙での生活をアップデートしていくとともに、地上での課題解決や暮らしのアップデートにもつなげていく考えだ。なお、宇宙生活の課題・ニーズをまとめた資料「Space Life Story Book」は、Webページでも公開されている。

 なぜJAXAは「宇宙生活の課題・ニーズ」に着目したのか。中島氏は、地上での「当たり前の世界」と宇宙での「極限の世界」を比べた場合、宇宙には「閉鎖隔離環境」「水や物資の制限」「微小重力」といった相違点があることを指摘。さらに、これらによって起きる「制約」「困難」「ストレス」「欲求」などに重要な“気付き”があることにも注目し、「その気付きを大切にして製品やサービスを生み出すことで、イノベーションが起きる」(中島氏)と語った。

宇宙と地上の生活課題には「共通点も多い」

 一方で中島氏は、宇宙と地上の生活課題には「共通点が多い」とも指摘する。例えば、宇宙での「筋力や骨が衰える」「水や生活物資が限られる」「閉鎖隔離環境」「生活(体内)リズムの変化」といった課題は、地上における「運動不足・フレイル・寝たきり」「アウトドア・災害時・水不足」「外出自粛・テレワーク」「昼夜逆転の生活・時差ボケ・睡眠障害」といった課題にリンクする。このように宇宙と地上では共通点も多いことから、宇宙と地上双方の課題を解決する「デュアルユーティライゼーション」な製品・サービスを創出することで、宇宙と地上双方の「暮らしのQOLをより高めていく」(中島氏)。

 こうしたTHINK SPACE LIFEの取り組みを実現すべく、民間企業や研究機関などの新規事業・イノベーション創出を後押しするのが「THINK SPACE LIFEプラットフォーム」である。このプラットフォームでJAXAは、主に「インキュベーション活動」と「コミュニティ活動」を通して参画企業などをサポートしている。

 インキュベーション活動では、「事業アイデア創出のワークショップ」「メンタリングなどのアクセラレーション」などを実施するとともに、「地上実証の場」などを構築。またコミュニティ活動では、現在30社79人が活動しており、「情報収集・知識獲得を目的とした勉強会」や「メンバー間の交流を通した企業同士のコラボレーション」などを進めている。

 そのほか、2020年からは「国際宇宙ステーション(ISS)で宇宙飛行士が使用する生活用品」のアイデアを募集する取り組みもスタート。2020年7~9月で募集した第1回目では94件の応募があり、その中の9件が搭載予定品として選定された。

 搭載予定品にはワコールの「靴下」、花王の「洗髪シート」、マンダムのボディペーパー、久光製薬の「固定テープ」などが挙がっており、中島氏は「よく知られている企業が、宇宙分野にも多くかかわってきている」と補足。各製品は2022年以降、若田宇宙飛行士がISSに搭乗する際に使用される予定だ。

アクセラレータプログラムを開始

 新たな取り組みとしては、「THINK SPACE LIFEアクセラレータプログラム2021」を2021年12月13日に開始した。このプログラムでは、資生堂、ニトリ、JT(日本たばこ産業)、3COINSを運営するパル、JAMSS(有人宇宙システム)、ワコールという6社の募集事業者が6つのテーマを設定し、それぞれのテーマに即した事業提案を募集。そこから選定された事業提案を基に、募集事業者と提案事業者のさまざまな協力体制を構築して「新しいデュアルユーティライゼーションなサービスプロダクトを創出していく」ことが目的となる。なお、プログラムでは先に地上での新規ビジネスに取り組み、その過程を経由してから「将来的に宇宙での活用も目指していく」(中島氏)。

 募集テーマは「生活リズム/体内リズムの見える化と適正化による美の実現」(資生堂)、「宇宙・地上双方で活用できる睡眠の質を向上する循環型機能性商品の開発」(ニトリ)、「宇宙・地球における、ストレス状態を緩和する“チルアウト”の実現」(JT)、「地上でも宇宙でも『ちょっと幸せな日常』を提供する商品開発」(パル)、「持続可能な自己管理行動を支える遠隔・健康管理支援サービスの開発」(JAMSS)、「非重力負荷環境を見据えたフットケア/ヘルスケア・医療の実現」(ワコール)の6つ。詳細はWebページで確認できる。なお、募集の締め切りは2022年2月13日となる。

(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)