一言で言えば「動」。とにかく参加者のアクションが大きいピッチイベントだった。年も押し迫った2019年12月16日、神戸市で開催された「500 KOBE ACCELERATOR Demo Day(デモデイ)」でのことだ。

終演後の記念撮影(写真:小口 正貴、以下同)

 500 KOBE ACCELERATORとは、2016年から神戸市が米シリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)である500 Startupsとともに開催してきたIT系のスタートアップ育成プログラム。これまではジャンルレスとしてきたが、4年目を迎えた2019年はヘルステック中心へと方向転換した。

 背景には、1997年から展開する「神戸医療産業都市」との相乗効果がある。神戸医療産業都市はポートアイランドに位置する日本随一のメディカルクラスターであり、2019年11月末現在で366社/団体が集積している。500 KOBE ACCELERATORの仕掛け人である神戸市医療・新産業本部新産業部新産業課長の多名部重則氏は「ヘルステックのスタートアップが融合することで新たな価値が生まれる」と期待を寄せる。

 会場である元町のイベントスタジオには150人を超える人が詰めかけた。ロック系やダンス系のチューンに乗せて起業家が登場するたびに歓声と拍手があがり、音楽ライブさながらの熱狂ぶりだ。

会場となった神戸・元町の「ハーバースタジオ」

 与えられたピッチの時間は約2分。より詳細な事業内容を知りたい場合は会場に併設した各社のブースを訪れ、じっくりと話を聞くというスタイルを採った。

ピッチ会場に併設した各社のブース