励まし合うことで1人で習慣化に取り組むよりも8倍の効果がある――。三日坊主防止アプリ「みんチャレ」を手掛けるエーテンラボ。当初はダイエット、勉強、早起きなど、ジャンルにこだわらずあらゆることの習慣化が目的だったが、いま力を入れているのが習慣化による行動変容がカギを握るヘルスケア分野だ。経済産業省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」(JHeC2020)のファイナリスト5社にも選出された。同社を訪問し、代表取締役CEOの長坂剛氏に話を聞いた。

今回訪問した恵比寿駅近くにあるオフィス。社名の通り、「ラボ」という印象を受けた(写真:川島 彩水、以下同)

起業のきっかけ

ゲームをプレーしているとき人は「幸せ」になれる

 私はもともとPlayStationを手掛けるソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の出身。物心ついた頃からゲームが大好きで、学生時代にアーケードゲームに300万円ほどバイト代をつぎ込んだこともある。

代表取締役CEOの長坂剛氏

 ゲームをプレーしているとき人は「幸せ」になれるが、終了するとその幸せは終わってしまう。そこで、ゲーミフィケーションを生かしてユーザーが自ら行動することで幸せになれる世界が作れるのではないかと思ったのが起業のきっかけだ。それが「みんチャレ」の源流になっている。

 元になるアイデアを具現化したのはソニー時代。木下(謙一氏、現在はエーテンラボ取締役)を含むメンバーと一緒にアプリのモックを作っていたときに、ちょうどソニー社内で「シード・アクセラレーション・プログラム(SAP)」という新規事業創出プログラムが立ち上がり、そこにアプリを応募した。

エーテンラボの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)

 最初は落選したが、ブラッシュアップしたことで2回めで採択され、最初はソニーのアプリとしてリリースした。結果、ソニー製アプリとしてGoogle Playのベストアプリを初めて受賞。外部からの評価をきちんと得たことで、2017年2月にソニーから独立した。