「腸内環境」が健康状態に大きく関係している。最近では、こうした相関が広く知られるようになってきた。同時に、腸内細菌などをテーマとするスタートアップも増えてきている。この分野のパイオニアと言える1社が、ウンログだ。同社は今、これまでの蓄積を生かし、新たな分野へと事業のすそ野を広げようとしている。同社が利用しているシェアオフィスを訪問し、代表取締役の田口たかし氏に話を聞いた。

今回訪問したのは、東京・日本橋にあるシェアオフィス。本連載でシェアオフィスを訪問するのは初めて。ウンログは2013年の創業当初からリモートワークを採用している。その理由には、同社ならではの理由が…。詳細は本記事の4ページ目に(写真:川島 彩水、以下同)

起業のきっかけ

当時、「うんち」というワードがAppleから却下

 もともと、自分自身がお腹で悩んでいて、便秘に加えてストレスで下痢気味になることもよくあった。さらに、花粉症やアレルギー、肌荒れなどの症状も抱えていた。そんなときに出会ったのが、腸内環境を整えて健康な身体を手に入れる「腸活」だった。

代表取締役の田口たかし氏

 腸活や「腸内細菌」という言葉は、今でこそ多くの人が認知し、さまざまなソリューションが展開されている。しかし私が出会った当時は、まだ話題になる前の段階。そこで、本などで自ら情報を集めたところ、どうやら「腸内環境を改善すれば、身体の不調を改善できる」ことがわかった。

 まずは生活習慣を見直し、自分のうんちの状態をチェックする「観便」を始めてみた。すると、うんちの状態が改善されるとともに自身の体調も良くなってきた。そこで、観便をスマートフォンアプリできちんと管理すれば、腸活がもっとはかどるのではないかと考え、2011年にアプリ開発をスタートした。

 当時はサラリーマン。何もわからない手探り状態だったが、約1年半を費やしてうんち記録アプリ「ウンログ」を開発した。2012年7月にApp Storeでリリースした。

ウンログの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)

 リリース直後、アプリがApp Storeからリジェクトされる事態が起きた。「うんち」というワードが審査に引っかかったからだ。そこで私は、「ウンログはヘルスケアアプリであり、決していかがわしいアプリではない」と担当者に説明すべく、2013年に渡米。Apple社のヘルスケアマネージャーに直談判することでお墨付きを得て、以後はリジェクトされることなく提供できている。