サービスの概要

この数年で様変わりした市場環境

 現在、日本には「慢性便秘症」「過敏性腸症候群」などの患者が約2000万人いると言われている。我々が掲げているミッションは「すっきり革命を起こす!」。観便を通じて多くの人たちに健康的かつ豊かな生活を送ってもらうため、腸活プラットフォームの実現を目指している。そのための重要なツールが、前出のウンログである。

「うんち」を模した帽子は田口氏の“正装”だ(写真:川島 彩水、以下同)

 ウンログは、ユーザーがアプリでうんちの形や色、量などを記録する。すると、うんちの状態を分類する指標である「ブリストルスケール」に基づいて数値化を行う。うんちを観察・記録することで、便秘解消や健康管理、美容・ダイエットなどをサポートする。リアルでは話しづらいお通じの悩みをユーザー同士で共有できる「ウントーーク」などの機能も備える。

 観便を軸とした基本コンセプトは、スタート当初から一貫して変わっていない。一方で、大きく様変わりしたのが市場環境。ここ数年で腸活の重要性が広く認知され、関連商品やサービスが非常に増えた。しかし、その反動で「どの腸活が自分に合うのかがわからない」と悩んでいるユーザーは少なくない。

 そこで我々は、ウンログで収集・蓄積したデータを分析することで、それぞれのユーザーに最適な腸活をテーラーメイドでレコメンドするサービスの提供を目指している。将来的には、ウンログが腸活のスペシャリストや企業とエンドユーザーをつなぐプラットフォームとなることで、すべての人の腸内環境を改善していきたい。