へそ部で直腸温(深部体温)の変動の連続データを取得。このデータを軸に、各種用途へのアルゴリズムの研究・解析などを進めているHERBIO(ハービオ)。2021年1月には総額1億2000万円の資金調達を実施したばかり。開発中のウエアラブルセンサーの量産化などを急ぐ構えだ。同社を訪問し、代表取締役の田中彩諭理氏に話を聞いた。

今回訪問したのは、東京・代々木にあるオフィス(写真:川島 彩水、以下同)
今回訪問したのは、東京・代々木にあるオフィス(写真:川島 彩水、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

起業のきっかけ

自らの経験から着想した体温データ活用

 起業には私の人生の2つの経験が関係している。1つは自宅介護をしていた祖父の体調の変化に気づくことができず、肺炎で亡くしてしまったこと。もう1つは自身の月経前症候群(PMS)が重く、基礎体温を継続的に計測していたことだ。

代表取締役の田中彩諭理氏
代表取締役の田中彩諭理氏
[画像のクリックで別ページへ]

 それらの経験から、体温は人にとって本当に大切な体調指標と考えるようになった。今でも、体温をきちんと観察していれば祖父の死を防げたかもしれないと思うことがある。一方で基礎体温の計測では舌下体温計を使用していたが、日常的に測ることは面倒だと感じていた。簡単に正確な体温が計測でき、わかりやすく健康状態を可視化できれば日々の体調管理に役立つはずとの思いから起業を志した。

 最初に着想したのは負担をかけずに体温を計測できるウエアラブルデバイス。起業前にはハードウエアスタートアップに初期メンバーとして参加し、ものづくりのイロハはもちろんのこと、総務や人事、財務など一連のコーポレート業務を学んだ。

HERBIOの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)
HERBIOの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)
[画像のクリックで別ページへ]

 とはいえ、デバイスはあくまで体温を計測するツールに過ぎない。私が求めていたのは確たるエビデンスに基づく体温データと連動して、包括的なソリューションを提供することだった。ハードウェアスタートアップを卒業後、SNS経由で体温の研究者である丸井(朱里氏)をスカウトしたのはそのためだ。彼女を共同創業者に迎えて2017年9月にHERBIOを創業した。丸井は弊社の研究主任でありながら現在も早稲田大学人間科学学術院の助教を務めており、学術面でHERBIOを支えている。

 スタートアップの良さは垣根を取り払ってコンパクトに動くことによって、現場のニーズを素早く反映できる点にある。創業から3年半が経ち、ようやく体制づくりに弾みがついてきたところだ。