日本を代表する脳科学の研究拠点として知られる東北大学加齢医学研究所。同所を母体とするスタートアップがCogSmartだ。2021年4月には、フィリップス・ジャパンとの業務提携を発表。脳ドック用プログラム「BrainSuite」の提供が始まったばかり(関連記事:フィリップスが東北大発スタートアップと提携、認知症の早期予防へ)。同社を訪問し、代表取締役(東北大学加齢医学研究所 教授)の瀧靖之氏に話を聞いた。

今回訪問したのは、東京・赤坂にあるオフィス。「生涯健康脳」の実現と「0次予防」の達成をミッションに掲げている(写真:川島 彩水、以下同)

起業のきっかけ

脳科学研究の知見を社会に還元したい

 私が所属する東北大学加齢医学研究所では、2000年代の初めから世界に先駆けて脳画像データベースを蓄積してきた。恩師は福田寛教授、それから川島隆太教授になる。大学院生として研究所に入って以来、私はデータベース作成の中心的役割を担い、現在も研究を続けている。それゆえ、脳科学のスペシャリストとの自負がある。

代表取締役の瀧靖之氏

 研究を重ねる中で、食事、運動、飲酒などの生活習慣が脳の萎縮に関係するとの結果を発表してきた。近年はさらに研究が進み、睡眠やコミュニケーション、趣味なども脳の健康に影響を与えるとのエビデンスが発表されている。だが世の中に知られている情報は「運動をすればいい」「睡眠をきちんと取ればいい」「何々を食べればいい」といった断片的なものばかりで、本質的かつ科学的な情報がきちんと伝わっていないことに大きな乖離(かいり)を感じていた。

 そこで脳科学研究の成果を社会に届け、“生涯健康脳”の実現を目指してCogSmartを2019年10月に設立した。自らが携わる大学発スタートアップの形にしたのは、豊富な知見を持つ私たち自身こそ最適なアプローチができると考えたからだ。

CogSmartの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)

 脳の健康を維持することは、日本の社会課題である認知症予防につながる。私がソリューションを構想し始めた10年前はそもそも認知症予防の気運すらなかったが、最近はその空気が醸成されてきた。生涯健康脳の実現とともに掲げているもう1つのミッションが「持続的な0(ゼロ)次予防の達成」。これは高齢者世代に限らず、20〜50代の現役世代から適切に生活習慣を改善していくことを意味する。認知症の症状が出てからではなく、自分には関係ないと思う若いうちから脳の健康を意識させることが狙いだ。