AIによるケアプラン作成支援システムや、地域ケア情報のプラットフォーム事業などを手掛けるウェルモ。地道に構築してきた介護事業所に関する膨大かつ詳細なデータには目を見張るものがある。2019年1月に開催された「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」(主催は経済産業省)では優秀賞を獲得。その同社を訪問し、代表取締役CEOの鹿野佑介氏に話を聞いた。

訪問したオフィスの窓からは皇居周辺の緑が見え、とても開放感があった。桜の季節を過ぎていたのが少々残念だった(写真:川島 彩水、以下同)

起業のきっかけ

8カ月間にわたり介護事業所を行脚

 前職は人事領域のITコンサルに従事していた。興味があったのは“働きがい”。皆がもっと生き生きと働く環境を提供したいと考えていた。独立して、介護領域のソリューションを立ち上げた。

代表取締役CEOの鹿野佑介氏

 介護に注目したきっかけは少子高齢化がさらに進む中で、人事的な課題が圧倒的に多いと感じたから。しかし私には介護のナレッジがなかったので、前職を辞めてから8カ月ほど北は仙台市から南は福岡市までボランティアとして介護に携わり、同時に現場の方々にインタビューを重ねた。そこから介護業界が抱える構造的な問題や離職率の高さの原因が見えてきた。それが“現場の人たちが助かるような仕組み”を開発する源流となっている。

 まず福岡市を起点に、介護事業所の情報を徹底的に調査・収集してデータベースを作成し、ICTで見える化を図った。出身が大阪、そして東京で仕事をしていたのに「なぜ福岡で起業?」とよく言われるが、福岡は高島(宗一郎)市長をはじめとして介護のICT化に非常に積極的だからだ。市が情報発信を手伝ってくれるし、何より介護事業所の方々も新しいことへのトライをいとわない。そこから広がって、今は首都圏など他地域に規模を拡大しつつある。

ウェルモの概要(表:同社への聞き取りを基にBeyond Healthが作成)

 ウェルモの事業は基本的にソーシャルビジネス。短期の利益が目的ではなく、中長期で本質的な課題解決に挑んでいる。社会インフラを構築することにフォーカスし、なおかつ持続可能な状態にしていきたい。そのためにICTや人工知能(AI)などの先端技術を組み合わせて人びとをサポートしていく。